セミナー

東京オリンピックのころを考える

2020年、東京オリンピックが開催される。

その約半世紀前の1964年、東京オリンピックが開催された。当時の日本は、高度経済成長の真っただ中。戦後の復興は東洋の奇跡といわれた。他方で、公害問題などの社会的なゆがみも生じた。

本講座では、1964年に開催された東京オリンピックのころはどのような時代だったのか。これを、歴史家3人が政治、経済、社会、生活などの立場から検証し、また当時「巨人・大鵬・卵焼き」と人気を博した柏戸・大鵬時代の相撲人気を、柏戸と同じ伊勢ノ海部屋の行司であった伊藤勝治氏に話をしてもらう。

そのうえで、こうした時代を、現在どのように描くことができるのかをマスメディアの立場から紹介する。

開催日時
2018年07月16日(月) 
場所
住所
講師

セミナーに申し込み